古紙回収で資源を無駄なく大切に使う。

資源とは無限に有る物ではなく有限です。ただ使っていくだけではいつか尽きてしまう時が来てしまいます。それは燃料にしても何にしても同じ事です。それ故に無駄に使う事は避けなければならないのです。無駄を少しでもなくす為の取り組みの一つとして、古紙回収などがあります。新聞紙などの古紙は、古紙回収に出さずにゴミとして捨ててしまえば燃えます。燃やしてしまえば灰になり、本当の意味でただのゴミになってしまいます。そうなると資源として活用する事は出来なくなります。新聞紙やダンボール、古雑誌などの古紙は古紙回収され、然るべき手順で処理される事によりもう一度使用可能な物に再利用する事が出来る貴重な資源です。燃料などのように燃やして使用する物は再利用する事が出来ませんが、古紙などはそれが可能です。新聞を毎日とっている家庭にとっては毎日毎日届き、増えてスペースを取る新聞紙は邪魔であると感じる事も少なくないでしょう。

しかしそこで邪魔だからと捨ててしまえばただのゴミになってしまいます。新聞紙などの古紙を邪魔なゴミであると考える事なく、貴重な資源であると考え方を変える事によって邪魔であると感じる気持ちが軽減される事でしょう。古紙回収事業については、地域によっては定期的に学校などが主催で行われている事もあります。子供がそういった学校に通っている場合には定期的にお知らせなどが渡される事でしょう。それによって回収の有無や回収可能な物と不可能な物などの種類を知る事が可能になります。しかし、子供がもう成長して学生ではなくなっていたり、学校関係の行事などを知る術が余り無い場合には、自分から問い合わせなどを行って見る事も一つの手段であると言えるでしょう。学校など、地域で行われる古紙回収などにおいては、収益があった場合にそれが学校、或いは地域に還元される事になります。環境に優しいだけでなく、家が片付き、そして子供の教育や地域の活性化などにも役立つ事に結果として繋がっていく事になるのです。ゴミとして捨てるにも、最近ではお金がかかる事も多いです。ましてや量が増えれば更に負担も増えます。古紙回収に当たってはチラシなどを抜いておく必要がある場合もありますが、それを踏まえてみても自分自身でゴミとして処分するよりも手間もかからないのではないでしょうか。

資源を大切にし、そして地域とも関わりを持つ事が出来る可能性のある古紙回収は、社会性の面においても非常に有効な事であると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*