user-avatar
Today is 日曜日
2016年12月11日

 

ポケットティッシュは割高なので。

ポケットティッシュは街を歩けば沢山もらえます。それは広告用に配布されているものです。だからそれを利用する人が多いのですが花粉の季節になるとそれではたらない人も多くなります。それは広告用のティッシュペーパーは袋の中にあんまり数が入っていないからです。百円ショップなどで割安に売られていますが、ティッシュペーパーはポケットよりもボックスのほうが割安です。こういうときのためにポケットティッシュケースがあると便利です。販売もされていますが自分で作っても案外簡単です。ボックスのティッシュをつめればいいだけです。ただし、折るなどして入れないとサイズが合いません。それとボックスをそのまま半分に切ってボックスのまま半分のサイズで使うのも便利です。そうすれば倍の量使えます。割高なので案外不経済です。でも工夫次第です。

女子力を上げるポケットティッシュ

企業や自営業にとって大切なものは宣伝です。テレビなどでの宣伝は高額なので路上で広告を配ったり、ポケットティッシュや試供品を配ったりして宣伝するところがあります。単なる紙の広告なら受け取る人は少ないですが、実用品を配っていると受け取りたくなります。特にポケットティッシュは冬や花粉の季節には重宝します。多めにもらったりすることもあるでしょう。ただし、ポケットティッシュと一言でいっても紙質に差があるので、鼻につかうと逆に悪化してしまうこともあります。無料で配布しているものにはそういった質の悪いものもあるので気をつけたいものです。そうはいっても、かばんの中にティッシュがあると便利です。何かテーブルにこぼれた時などにさっとかわいいティッシュカバーをつけたティッシュを取り出すと女子力が上がること間違いなしでしょう。

ポケットティッシュと幼稚園児の成長

我が家には幼稚園の年長組に通う子がいます。エチケットとしてハンカチとポケットティッシュを持たせるように幼稚園より言われています。年少組の頃はイラストや香付のを好んで持っていき、友達と一枚づつ交換していました。持ち帰ってきた時にはグシャグシャになっているのに大事そうに持っていました。しばらくすると交換は禁止と先生から言われてしなくはなりましたが、やはり可愛いものを持ちたがります。年中組になれば、交換などには興味がなくなり持って行っていることも忘れて幼稚園で過ごしていました。鼻水などが出た時は肌触りの良いクラスのボックスティッシュを使っている様です。そして年長になるとやっとポケットティッシュを活用出来るようになりました。自分の鼻水の始末や怪我をして洗い拭き取る事や小さなお友達が泣いている時に差し出せるようになりました。小さな出来事のようですが、子供がこの様に自分のこと、周りのことを考え行動できるようになった事に成長を感じます。

当社では、販促などに効果的な高品質のポケットティッシュを格安で制作しており、素早い対応を心掛けています。 どうかこれからも「ポケットティッシュ工場」をご利用賜りますようお願い申し上げます。 販促品のポケットティッシュの専門店で、格安料金で大量ロットのご注文も受け付け、工場から直に即日発送でのお届けも可能です。 ポケットティッシュを格安で作れます

© 2016 ポケットティッシュの使いどころ!! All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!